お問い合わせ アクセスマップ リンク集

内科 消化器内科 循環器内科 糖尿病内科 放射線科
リハビリテーション科 在宅医療 健康診断 予防接種 入院12床
小さく フォントサイズ 大きく

078-801-6665



診療時間 2017年6月から
受付時間
9:00〜12:00
15:30〜19:00

休診日:日曜、祝祭日
午後休診日:木、土曜日

外来診察医師 健康診断と予防接種
アクセスマップ
求人情報 よくあるご質問
神戸市の急患対応の問い合わせ先
こうべ救急医療ネット
休日・夜間に診療できる医療機関を確認できます。詳細はこちら

携帯電話版
携帯のQRコード読み取り機能でアクセスしてください。
神戸市の急患対応の問い合わせ先

トップ  >  治療と疾患  >  睡眠時無呼吸(いびき)の検査と治療
疾患と治療

睡眠時無呼吸(いびき)の検査と治療


はじめに

 
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に無呼吸(呼吸が10秒以上停まること)が繰り返される病気で、一晩7時間の睡眠で30回以上、あるいは1時間あたり5回以上無呼吸が起こる場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

症状としては、夜間のいびきと無呼吸(これは本人には自覚がありません。
一緒に寝ている人から指摘されることがほとんどです)、及び昼間の過剰な眠気です。
日本では、およそ200万人が睡眠時無呼吸症候群であると言われていますが、その中で医療機関できちんと診察を受けている方は非常に少ないのが現状です。

最近、マスコミなどでこの病気も注目されてきました。
この病気は、昼間の眠気によって生活の質(QOL)を悪化させ、交通事故や労働災害の頻度を増加させています。
また、そればかりでなく、高血圧症や心臓病や脳血管疾患を悪化させます。

できるだけ早く診断し、治療を始める必要があります。

原因

 
睡眠時無呼吸症候群の原因には、大きく分けて、閉塞型と中枢型の2つがあります。

閉塞型:睡眠時無呼吸の患者様の9割以上がこれにあたります。
肥満(特に首の周りの脂肪)や小さなあご、鼻粘膜の肥厚などで上気道が睡眠中に閉塞し無呼吸が生じます。
飲酒は気道の筋肉の緊張を低下させるので、睡眠時無呼吸を促進させる要素です。
また、仰向けに寝ると無呼吸は強くなり、横向きでの睡眠では軽快します。

中枢型:気道の閉塞は伴わず、呼吸中枢そのものの障害で睡眠中に無呼吸が生じます。 一般的にはまれなタイプとされていますが、閉塞型の状態が続くとやがて中枢型に移行する事もあると言われています。

診断

 
まずは、以下のテストを行なってみて下さい。

Epworthの眠気テスト

0→決して眠くならない 2→1と3の中間
1→稀に(ときに)眠くなる 3→眠くなることが多い
  状況 点数
座って読書をしているとき。 0、1、2、3
テレビを見ているとき。 0、1、2、3
公の場所で座って何もしないとき。
(たとえば会議中や劇場)
0、1、2、3
1時間続けて車に乗せてもらっているとき。 0、1、2、3
状況が許せば、午後横になって休息するとき。 0、1、2、3
座って誰かと話をしているとき。 0、1、2、3
昼食後、静かに座っているとき。(飲酒無し) 0、1、2、3
車中で、交通渋滞で2〜3分止まっているとき。 0、1、2、3
合 計


それぞれの質問に対し、0〜3までのいずれかを選択し、その合計点が10点以下であれば正常範囲と判断されます。
しかし、11点以上あった方は昼間の眠気が強いと判断されます。

特に、習慣性のイビキがあり高得点の方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いので睡眠に関しての精密検査が必要です。

当院では、問診及び以上のテストなどから睡眠時無呼吸症候群が疑われる方に、携帯用の睡眠モニター(パルスリープ)の貸し出しを行なっています。
この器械で、睡眠中の呼吸やいびきの状態、血液中の酸素の状態などを記録します。
検査は自宅で行ない、器械の装着も簡単にできますので、この検査では入院の必要はありません。

パルスリープ
パルスリープ

治療

 
睡眠時無呼吸症候群の治療には、減量などの生活改善、経鼻的持続気道陽圧療法、薬物療法、マウスピース、手術療法があります。
特に、経鼻的持続気道陽圧療法(CPAP:シーパップ)は、中等症から重症の睡眠時無呼吸の患者様に行なう治療ですが、現時点では最も効果のある睡眠時無呼吸の治療です。

これは、睡眠中に鼻に密着するマスクをつけて、空気を気道に送り込むこと(陽圧療法)により閉塞を解除する方法です。
CPAP装着当初は少し違和感を感じる場合もありますが、慣れればほとんど気になりません。
おまけに、CPAPを装着しての睡眠は、無呼吸の状態がなくなるために熟睡が可能となり、早い人では治療翌日から昼間の眠気の消失や爽快感が自覚されます。
また、勿論のことですが、CPAP装着によってイビキも消失します。

現在、このCPAPは一定以上重症の睡眠時無呼吸症候群の治療として保険適応となっており、器械はリースでの貸し出しとなります。
また、保険治療の条件として月に1回の受診をお願いしています。
当院でも検査の結果でCPAP治療が必要と判断した患者様には、積極的にこの治療を導入しており、好評です。
持続気道陽圧呼吸療法治療器
(フクダ電子HPより)

さいごに

 
繰り返しになりますが、睡眠時無呼吸症候群は単に「イビキが大きくて周りの人に迷惑をかける」だけの病気ではありません。
昼間の過剰な眠気は労働効率や学習意欲の低下をもたらします。
その結果、社会生活や人間関係に支障が生じる可能性があります。
また、労働災害・交通事故は統計上明らかに睡眠時無呼吸症候群でリスクが高くなっており、場合によっては生命の危険すら発生します。

夜間無呼吸による低酸素状態は心血管系への負担を増加させます。
その結果、睡眠時無呼吸症候群では高血圧・心筋梗塞・脳梗塞が発症する割合が明らかに高いという統計があります。

睡眠時無呼吸症候群の治療は、生活の質を改善し、寿命を伸ばす効果があるのです。検査を御希望の方は,お気軽に当院にお越し下さるか、お問い合わせ下さい。

ページトップ